店舗デザインについての情報を発信していきます
管理人TOMOKOのブログです
当サイトへようこそ

店舗デザインの概念

 店舗デザインと聞けば、プロのデザイナーがイメージした世界を図面に落とし込むことだと考える人も多いでしょう。確かにそれが中核であるのですが、図面の完成をもって終わるわけではありません。その図面は施工業者に渡されるわけですが、図面通りに工事が進まなければ、クライアントの要望を満たさないからです。つまり、図面と工事とをマッチングさせるという仕事まで含めて、店舗デザインと言うのです。
 ところで店舗デザインは主に店舗デザインを取り扱う事務所が行うことが多いですが、具体的に彼らはどのような業務に携わっているのでしょうか。デザイナーはクライアントと何度も打ち合わせをして図面を書き上げますが、彼らは内装を設計するのが主な仕事です。つまりデザインを考案し、それを基に図面を作成するわけです。施工業者に図面が渡った段階でデザイナーが手を引くこともありますが、その場合は大抵、デザイン事務所と施工業者とが繋がっていません。裏を返せば、店舗デザイン事務所と施工業者とが、同一グループであるケースも少なくないのです。
 デザイン事務所にも種類が沢山あります。店舗デザインを専門にしているところもあれば、住宅のデザインを取り扱っているところもあります。従業員数も様々で、多くのデザイナーが在籍する大手も存在しますし、数人で細々とこなしている小さな事務所もあります。大手だからといって、クライアントが満足できる結果を出してくれるとは限りませんし、逆に一人で全てをこなす事務所であったとしても、コンセプトに合ったデザインと提案することで、クライアントとの信頼関係が強固なまま、竣工の日を迎えることもあります。